味の匠処(R)吉田喜九州

未来を見据えて走る続ける株式会社吉田喜九州

弊社の取り組みは『食の安心安全』はもちろんの事、従業員すべてが常に創意工夫を行い、匠(職人)の技を駆使しつつ、また初心忘れることなく仕事をすることで、お客様またお取引先様へ貢献していく事をモットーとしております。

代表挨拶

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

私たち吉田喜九州は、1995年(平成7年)の創業時より今日に至るまで、順調に成長を遂げてまいりました。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝いたします。

弊社は1995年(平成7年)、大分県の誘致企業として、(株)吉田喜(京都)とナカ乃食品(株)(別府市)の合弁会社として大分県由布市に創業し、以来「安心」「安全」「創意工夫」「匠」「初心」の企業理念のもと、より良い食品づくりにまい進してまいりました。
近年変化の著しい食品業界においても、理念を固持し、私の採卵養鶏農家出身としての経験と、加工技術を学んだ吉田喜の“味の匠處”としての伝統を活かしつつ、お客様のニーズに柔軟に対応でき得る先進性をも兼ね備えた企業を目指し日々精進してまいります。

今後も豊かな食生活に寄与し、皆様のご期待に応え続けるために安心でおいしい食品づくりをめざして全員一致で努力を続けてまいりますので、どうか一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 中野 裕貴